150センチ映え

153センチのアラサーです。ファッションに疎い私が、コンプレックスのSSS体型を活かそうと奮闘中。150㎝前後のかたの参考になったら嬉しいです。医療メーカーに勤めながら「サイエンスディスコ」やってます。

週の真ん中、黒プリーツでレトロなカフェ

水曜日です!

 

今日立ち寄ったのは、レトロな内装が素敵なカフェ、大好きな上島珈琲店

落ち着いた雰囲気があり、読書や仕事、勉強に最適。今まで行った、どの店舗も好きです。

 


f:id:stylish-150:20180919210934j:image

 

tops / TOCCA

skirt / no brand

bag / Burberry Blue Label

shoes / Joy Carnival

 

今日は、少し長めのプリーツスカートを履いてみました。これも、いつ買ったか覚えてないのですが(笑)、ずっと眠っていたものです。

おそらく、今まで膝上丈が好きだったから、閉まっておいたんだろうなぁ。

 

小さいさんは、長めのスカートには丈が短めのトップス…!

と探していたら、TOCCAが出てきました。

穴の開いている面白いデザイン(*^^*)

 


f:id:stylish-150:20180919213548j:image

 

このトップスも、色的には春~夏が合いますが、黒をどーんと持ってくることで、秋色に変身できるんだと感じました。

オレンジ色のパンプスとも合わせて。

ここが、コーディネートの魔法ですよね!

私はコーディネートはまだまだなので、バリエーション、可能性を増やしていきたい。

 


f:id:stylish-150:20180919213928j:image

 

なんと、手打ちワープロ!いつの時代のもの?

昭和を超えてそう、、レトロ過ぎる(笑)

 

 


f:id:stylish-150:20180919214139j:image

 

わたしは偉人のエッセイや名言集を読むのが好きなのですが、こちらはシャネルの本。

彼女は孤児院で育ち、反骨精神をもって、ファッションとともに新しい強い女性像を造り上げました。

身分の高い男性に気に入られるため、コルセットでウエストを絞めて派手な帽子を被る、という格好を「実用性がなく馬鹿馬鹿しい」と唱え、

彼女は動きやすい洋服、まさに「腕まくり」の文化を広めました。

かっこいい!!

 

有名なことばで、

「20歳の顔は自然から授かったもの。30歳の顔は自分の生き様。だけど50歳の顔にはあなたの価値がにじみ出る」

というものがあります。

 

私は、「自分の生き様」が顔に出る歳。

顔は変えられませんが、

後悔のないよう目標を諦めず、毎日を生き生きと過ごし、エネルギーみなぎった顔になりたいです。